神待ち掲示板は危険なアイテム

今、インターネットで話題になっているものが神待ちサイト、神待ち掲示板です。神待ちの女の子と神様の関係です。なぜ、男性のことを神様と言うかと言えば、神待ちの女の子を神様が間違いなく救ってくれるからです。
神待ちの女の子とは家出少女のことです。家出少女は威勢良く家出を試みたものの先行き不安な状態でいます。お金の問題です。お金がないから寝る場所も、食事することも出来ません。しかし、神待ちサイトで神様というパートナーがあれば、実際に長々と家出を続けている女の子も多いのです。
しかし、こんな神待ちサイトに注意をしなければならない問題はないのでしょうか。実際に、神待ちサイトですぐに女の子とセックスが出来るなんて期待していると思わぬハプニングに出会うこともあります。
実際に、神待ちサイトだってサクラはいます。サクラも用心もしなければならないですが、もっと注意しなければならないのは、十八歳未満の女の子のことです。
実際に、家出したいと思っている年齢層のことを考えると理解出来ると思いますが、家出なんてティーンエイジャーの謀反なのです。十八歳未満の規則を守っていたら、そういう女の子が神待ち掲示板を利用すると言ってもたった数年の間だけではありませんか。実際に、こんな感じで神待ち掲示板が流行っている雰囲気は、18歳、19歳のカテゴリーではありません。誤魔化してる十八歳未満の女の子が一杯います。
そういう女の子を意図的に狙っている男性も一杯実際にいると思いますが、注意しなければならない問題は、法律的に十八歳未満の女の子とのセックスは完全アウトであり、男性がただ神待ち掲示板の女の子と出合って、ただ食事を奢ってあげたとか、寝る場所を提供したとかそういうことだけで終了したとは全然考えられないのです。必ずそこにセックスがあり、十八歳未満の女の子と成人のセックスはアウトなのです。
十八歳未満の女の子が仕掛けて来たとしても責任問われるのは成人男性オンリーです。実際に身分も家庭も崩壊する可能性もあり、逮捕されて今まで築いたものなど一瞬にして水の泡になってしまうのです。成人同士の個人的な売春行為よりも厳しいですね。強姦並みです。そしてて、そういう事態につけ込んでバックに男性がいて仕掛けてくる場合もあります。男性も弱みを持っているから、要求されたお金を支払いしてしまうのです。痛い経験を実際に神待ちサイトでしている人たちも多いようです。